一般歯科

24時間受付中 ネット予約はこちら

00

歯科助手(パート)募集

訪問歯科診療

モバイルサイト

患者の気持ち

000000

一般歯科について(虫歯や歯周病などの診察、治療)

一般歯科では下記のような症状について対応しております。

虫歯

上記は虫歯や歯周病(歯槽膿漏)の場合によく見られる症状です。これらの可能性を踏まえ、診察、治療を行います。
歯を失う原因で最も大きいのは歯周病(歯槽膿漏)です。歯周病(歯槽膿漏)については早めに検査を行い、なるべく歯を抜かず、歯も削らず、ご自身の歯で食事ができるよう、なるべく歯を残すといった対応を行います。これをミニマルインタベーションと呼びます。患者様の体への負担を減らすと共に、大きな効果を得る治療方法になります。初期段階における歯周病では自覚症状もなく、早期の治療と歯石を取るといった健康状態を保つ予防がとても重要です。

虫歯について

口の中の細菌は歯を溶かします。この細菌により歯を溶かされてしまう状態を虫歯といいます。細菌の一つである虫歯菌は糖分が大好きです。
虫歯菌は糖分を食べる代わりに酸を出します。この酸に触れた歯が溶け、虫歯となります。 虫歯菌を放置するとやがて細菌の塊(バイオフィルム)となり、酸の放出も増え虫歯が拡大します。

虫歯の予防

お口の中の環境を清潔に保つことが予防につながります。
そのため当院では虫歯の治療後にメンテナンスを行ってます。メンテナンスを定期的に継続することで虫歯の再発予防をこころがけております。 詳しくは「予防歯科のページ 」をご覧ください。

歯周病について

歯周病

歯周病菌と呼ばれる細菌の感染により、歯や歯ぐきが炎症を起こすこと言います。歯と歯ぐきの間の掃除を怠ると多くの細菌が発生、付着することで歯垢(プラーク)が溜まります。歯ぐきの周辺部に赤みを帯びる、腫れるといった状態が確認できたら大分進行しています。
どんどん進行が進むと、歯と歯ぐきの間の溝が次第に大きくなり、歯を支える骨が溶けるため、やがて歯が抜けることになります。
歯垢(プラーク)は粘着性が強く、丁寧に取り除かないと歯石に変化します。歯石は歯に強くくっつく性質があり、通常の歯磨きでは取れないため、余計な手間がかかってしまいます。

歯周病の予防

初期状態にて自覚症状のない歯周病の予防には「歯垢を増やさない」ことが重要です。下記のような対応を行うことで予防を行いましょう。

詳しくは「予防歯科のページ」をご覧ください。

大泉歯科概要

大泉歯科

所在地
〒178-0065
東京都練馬区西大泉3-1-2 1階
電話
03-5933-0051
最寄駅
西武池袋線「大泉学園駅」より徒歩7分

診療時間

 
10:00~20:00

△:10:00 ~ 18:00

ACCESSMAP

アクセスマップ

駐車場のご案内

駐車場のご案内